Miwa-姫ーBlog miwa3110.exblog.jp

MIRAGINO(みわじーの号)で野山をかけまわる 歌うたい「みわ姫」の お気楽な日常


by miwa3110
プロフィールを見る

カテゴリ:芸術( 33 )

所属している弦楽合奏団(カルテット)
♪カノンアンサンブルソサエティ♪という名前で12/17の
お昼と夕方、二会場のクリスマスイベントに参加します。

一般の方の観覧自由です。なかなかチェロを演奏する姿を
お見せする事がないので(笑)
この機会にぜひ聴いてください。

   〜記〜

「三世代&三地域交流 クリスマス会」
日時:2011年12月17日(土)13時〜
場所:いばらサンサン交流館.
    岡山県井原市井原町3616. TEL 0866-62-6100.
料金:無料

100万人のキャンドルナイト2011冬至in井原station
日時:2011年12月17日(土)17時半ごろ
場所:井原鉄道(株) 井原駅
   岡山県井原市七日市町943−3 TEL 0866-62-6669 ‎
料金:無料
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

17日。ふたつの弦楽コンサート無事終了しました。

朝は5時過ぎに起きて弁当をこしらえて。
娘は本日アンサンブルコンテストのオーディション。
6時までに学校に送り。帰ってからストーブ両方から
バンバン焚いてMacにへばりつく生活(苦笑)

生徒さんが新しい二胡を買ったのでレッスンまでに組み立てて
弓に松やに焦って塗ってたら床に落として割りました(涙)
c0007822_20462236.jpg


午前中ひとりだけレッスンして井原のサンサン交流会館へダッシュ。
集合時間に遅刻してるうえにR313が事故でめちゃ混み。

c0007822_2035463.jpg

先週いきなりチェロの弦(A線)が切れました・・
お昼の「三世代クリスマス会」にはなおこさんが来てくれたです。
ジュニア合奏団と一緒に3曲を演奏しました。
c0007822_20404036.jpg


  〜せっとりすと〜

1,Bachのメヌエットト長調
2.旅愁
3,威風堂々

終演後ダッシュで飛び出し。まだ事故の処理終わってなくて渋滞(汗)
みわ姫社中の合同練習開始5分前に帰宅。2時間半明日のライブの打ち合わせ

終わったらまたダッシュで井原駅へ。道中の夕焼けがものすごくきれいだった〜
100万人のキャンドルナイトに出演。
c0007822_20355232.jpg


 〜せっとりすと〜

1,Bachの主よ、人の望みと喜びを
2,ハウルの動く城より〜人生のメリーゴーランド
3,カントリーロード
4,Jupiter
5,見上げてごらん夜の星を

駅前広場にもずらーっとキャンドルが並べてあってすごくきれいだったな。
c0007822_20355599.jpg

c0007822_20354977.jpg

ここの演奏も終わったら速効楽器を片づけて 福山東教会へダッシュ(笑)

19時の開演時間を2分遅刻して到着〜
c0007822_20355842.jpg

里庄から千里さん
c0007822_2036191.jpg

尾道からkeikiさん
久しぶりに打ち上げにお邪魔して。ちゃっかりひとり鍋してもらった(笑)
c0007822_2036452.jpg

そして牧師様からありがたきお土産♪どどーーん♪
デスクの上から丸いお顔で終始見つめてくださいまする(照)っ
c0007822_2113632.jpg

by MIWA3110 | 2011-12-17 10:29 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
2月11日(祝)08:00起床 23:00就寝 BMI値23.0
朝:りんご、ネーブル
昼:白米、漬け物
夜:焼きうどん、レタス

今日は建国記念の日でみんなお休み。弁当ないので寝坊できた。
朝から冷たい雨。わかと夫は義母のとことろへ。びっきーは半日部活。

あたしは午前(昨日授業参観のために振り替えた)訪問レッスンへ。
お茶のときに出してもらった柑橘は「せとか」
新品種で値段もまだ高く、名前は知ってはいたんだけど
一度も食べたことなかった。ひとつ丸ごともらって剥いて食べる。

中の房が柔らかくみずみずしい。甘味が強くて美味。
あんまり美味しいので子どもに食べさせると言って半分持ち帰り。
それならこれもどうぞ。・・ともう1つもらった。いつもすみませ〜ん♪
c0007822_13152779.jpg
帰宅して、今夜のためにすこしお琴の練習をする。
お昼に自宅生ひとり二胡レッスン。

就業時間に合わせてわかと夫が帰宅。
二人でオシャレなお店に行きランチ取ってきたらしい。
びっきーのお昼こしらえて待ってるのに影も形も見えぬ。
外はざんざんぶりの雨。13時すぎても帰らないので
しびれを切らし迎えに中学校まで。
呑気に自転車置き場でカッパ着て雨宿りしてた(も〜)

わかとびっきーを連れておやこ劇場の例会事前交流会へ。
会場のローズコムに行くの初めて。R182に出たとたんに大渋滞。
オマケにR2号経由したらとんでもなく時間かかっちゃって10分遅刻。
しかも駐車場から会場までの行きかたも分からず右往左往(汗)

こんにゃく座の彦崎仁美さんによるワークショップ。
着いたらこんにゃく体操が始まってた。
c0007822_13324982.jpg
体をほぐしてゲームなどしたあと
次回の公演作品「ピノッキオ」のテーマソングと振りを教えてもらう。
おどりながら歌うのはハードだわぁ。
c0007822_1333051.jpg
会のラストは「彦ちゃん劇場〜」ってことで
ピノッキオの挿入歌を歌いながらストーリーを紙芝居仕立てで。
さすがプロの役者さんだ。台詞や表現にみるみる引き込まれていき
来月の公演がホントにホントに楽しみになった。

一旦家に帰って子どもを降ろし、今度は美星公民館のお琴のクラブへ。
今弾いてる曲は野村佑子さん作曲の「花のうた」と
島津成悠さん編曲の「エリーゼのために」の2曲。
今はお師匠さんに教わることのできない身。去年からお弟子さんも居ない状態。
少しずつでもお琴に触れていないとどんどん弾けなくなっていくような気がして。
月に2回の集まりになるべく参加しようと思ってる昨今。

今日は弦楽の練習はないし、まっすぐ家に帰って食事。
濁り酒@喜平を一合くらい。お風呂上がってからすぐにベッドに入って
「不毛地帯」見てたつもりが意識飛んでたな。
by miwa3110 | 2010-02-11 23:06 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
2月12日(木)はれ 06:45起床 23:00就寝 BMI値23.2
朝:りんご、グレープフルーツ、バナナ蒸しパン
昼:生ジュース、サラダ、青菜のお焼き、黒豆、白米
夜:白米、白菜漬け、韓国海苔

昨日の夕方訪問レッスン中に自宅から着信。
わかが事故に遭って今病院にいると。
びっくりして帰ってみると、両膝に包帯ぐるぐる巻きの娘。
部活終えて帰るとき、友達の自転車に追突されひっくり返ったんだと。
切り傷でたいしたことはなく、ちょっと深いところを一針だけ縫ったという。

今朝は車で中学校まで送り、放課後に病院に行くことにした。
午前、フィットネスへ。スタジオでステップエアロのレッスンを受けて
バイクを30分にぶるぶる君を10分。帰るとき暖かかった。春の臭いがしたわ。

お昼ご飯は適当に野菜を寄せ集めて塩と小麦粉でまとめ、
ごま油で焼きつけたお好み焼きを。
c0007822_9232622.jpg

こっちはほぼ同じ材料で・・今朝わかに持たせた弁当。
c0007822_9242182.jpg

午後、自宅生の二胡レッスンのあとあたし自身もすこし練習をする。
6時間目が終わる頃を見計らって中学校に迎えに行きそのまま病院へ。
レントゲンを撮ってみても骨に異常はなく、
傷口を見せてもらったが縫ったとこを除けばほとんどかすり傷。
これで包帯まいて大騒ぎしないで欲しいわ・・まったく〜
診療費6000円もかかったで。たいしたことなくてまあよかったけど。

病院が二時間ちかくかかったので、帰って急いで食事させエストパルクへ。
今日はあたしの大好きな前進座♪の「龍の子太郎」公演を鑑賞。
c0007822_9525032.jpg

今回の舞台も踊りや所作や舞台衣装、歌の旋律に
日本の伝統的な様式がちりばめられていて
色彩的なあでやかさや美しさ、そして力強さにあふれていた。
勇気・希望・友情・親子の愛などいくつもの要素をぎゅっと凝縮した
年齢を問わず見応えのある素晴らしいお芝居だったわ。
ただ平日の例会ということでやはり子ども達はかわいそうだった。
by miwa3110 | 2009-02-12 23:06 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
11月16日(日)くもり07:00起床 23:00就寝 BMI値23.0
朝:ラフランス、りんご、みかん
昼:白米、焼きそば、サラダ
夕:ヨーカ堂のフードコートでカレーとナン。帰宅してうどんと柿

睡眠不足・・早朝、娘の弁当を作って部活に送り出し。
雨が止んだので身支度をしてお宮掃除へ。
大勢で手分けするので40分ほどで終わり。
家に帰って午前ひとりだけレッスン。

午後みわ姫社中の練習。「あんたまた太ったろ?」
あぁ確かに太ったけど特に気にしてない。また必要なときに痩せるしサ。
今度のライブ用に二胡の新曲を数曲加えた。
そして三線弾き語りで「TSUNAMI」を初披露の予定。
番頭がギター弾くときにいつも使ってるスプレーをあたしも
貸してもらって二胡の弦に擦り込んでみた。
ほほお〜なるほどちゅるちゅる指通りがなめらかになったかも。
c0007822_9324516.jpg

自宅生のレッスン後、またまたイトーヨーカ堂へ。
ピアノフェアーの後片付けをしてるところちょっと覗いてみた。
二日間で11台も売れて大成功だったそうだ。協力することができてよかった。
店内をぶらぶらしたあと「印度屋」でカレーとナンを食べた。

ずいぶん前に広島のパセーラでいちど食べたことあるインド料理の店@タンドールの支店。焼きたてのナンは厚みもありもっちりして美味しかったけど野菜カレーは
油脂分がおおすぎでどろどろもっさりした感じ。スパイスが足りなくて
ぼやんとした味だった。いつもあたしが作るカレーのほうが絶対美味いと思えた。
c0007822_1033036.jpg

そして今日もまたR&Rへ。文化座の芝居「天国への百マイル」を鑑賞。
今年一番おすすめの作品、ってことでかなり期待して行った。
本当に好かった。座席も前のほうが取れてラッキーだったし、
それぞれの役者が見事にハマってた。ダメダメ主人公を無償の愛で
支えるマリ役の佐々木愛さんの演技が特に素晴らしかった。
愛さんが登場するたびに、笑って笑って、泣いた。
あの明るさと悲しさに、癒されながらも切なくて。
c0007822_1023731.jpg

主人公が精一杯母を助ける…。助けるための百マイル…。
母へ寄せる思い。兄たちの母親に対する薄情な言動。
ふたりの医師の誠実で力強い言葉の数々。
病床にありながら気丈に息子のことだけを思い続ける母。
私の命などどうでもいいけど、ここで私がダメになれば息子がだめになる
という母の心に胸を打たれた。

そして、愛する男を妻の元へ返そうとするマリの思い。強い決心・・
オレはろくでなしだけどひとでなしてはない、という主人公の魂の再生。
挿入歌の「500マイル」の使い方もうまくていっそう心に響いた。
カーテンコールのあとも余韻でしばらく立ち上がれなかったくらい。

帰宅してお風呂を沸かしてる間に乾麺をゆがいて食べた。また太るな〜
ちょことおまけは、お隣から新しい家をもらって嬉しそう・・
c0007822_10255374.jpg

by MIWA3110 | 2008-11-16 22:01 | 芸術 | Trackback | Comments(0)
9月27日(土)07:00起床 23:30就寝 BMI値22.5
朝:りんご、梨
昼:生ジュース、白米、サラダ、ゴーヤ煮
夜:白米、生野菜、もやし炒め、納豆

朝、起きたらものすごく寒い!冬物の上着を羽織ってしばらく震えてた。
午前、フィットネスへ。土曜のエアロビクスに初参加。
上級クラスなのでまったくもってついて行けず(涙)

午後、自宅生のレッスン。つづいてみわ姫社中の練習。
次回の演奏は地元の秋祭りの神社の境内にて。
誰でも知ってる曲がいいよねってことで
今さらながら「島唄」や「花」を取り上げることに。

夜、御幸小学校へ。荒馬座の公演を家族で鑑賞。
日本の伝統的な音楽と舞踊が融合した演劇でもある神楽を
子どもでも分かりやすくアレンジした創作劇。
そして心躍る太鼓や踊りの数々。
7年前に荒馬座を観てものすごく感激したのでとても楽しみにしてたの。
今回は家族みんなで行けてよかった。和楽器の音色ってやっぱ好きだなあ。
by MIWA3110 | 2008-09-27 23:12 | 芸術 | Trackback | Comments(2)
9月19日(金)06:45起床 23:30就寝 BMI値22.7
朝:りんご、梨、オレンジ、
昼:うどん、白米
夜:生ジュース、バナナ、なすの煮物、白米

午前、フィットネスへ。今週メニューを作り直してもらったから
また上半身のトレーニング復活。筋肉痛が辛い(涙)
そして肩がまた逞しくなってきたような・・お昼までジムで過ごしてから
トレパン姿で近くのうどん屋さん「丸亀」へ。すごい行列じゃ〜
かけうどんにネギをどさっといれられるのは嬉しい。さっと食べて
「夢の湯」に移動して入浴。かなりリフレッシュできた。

午後PCの前で作業しながらギターとか三線とか練習しながら・・
借りてたCDをようやくiPodに入れて、23日のコンサートのセットリストも印刷。
夕方ひとり自宅生の三線レッスンしてから子ども達連れて中央公民館へ。

おやこ劇場の例会で「父と暮らせば」井上ひさし原作の舞台作品。
原爆投下後の広島を舞台にした佐々木梅治さんによる朗読劇。

明るく快活な娘は、原爆にあっても生き残ってしまったことへの罪悪感をもっていて
勤め先で知り合った青年から好意を寄せられているものの、
死者への申し訳なさから親密になれないでいる。
父は、そんな娘の日々の話し相手として、彼女を楽しませ、
ときに諭し、助言を与える。しかし実はもはやこの世の人ではない—。
「わしの分まで生きてちょんだいよォー」父の願いが、
底なしの絶望から娘をよみがえらせる、魂の再生の物語。

舞台装置や音楽は一切なく、台本1冊を手に佐々木さんが演じる姿に
最初は驚いたけど「想像力を持って聴いてください」という前節のとおり。
素晴らしい熱演にすぐに引き込まれ。
一人芝居なのにすべての情景が目に浮かぶようだった。
父娘のやり取りから、ユーモラスな会話、泣き笑いも、
被爆時の広島の惨状や当時のつつましい生活が手に取るように見える。

台本の言葉のひとつひとつが素晴らしい。
言葉の力ってすごい、言葉が生きていると感じた。
汗と涙をほとばしらせながら見事に父と娘を演じ分けられた梅治さん。
あたしは奥歯をかみしめながら泣いた。
こんな作品を我が子にも触れさせてやることができてよかったと改めて思う。
by MIWA3110 | 2008-09-19 22:00 | 芸術 | Trackback | Comments(2)
4月27日(日)はれ 07:30起床 23:00就寝 BMI値21.9
朝:りんご、でこぽん、レッドグローブ、バナナ
昼:グレープフルーツ、生野菜、青菜煮物、バナナ、味噌汁
夜:生ジュース、きゅうり、山芋、みかん

加熱食品を食べないダイエットで一週間で3キロ減量。
厳密に言うと2日で3キロ落として3日目から変わらず・・
ということはもうこれ以上は減らないってことだね。

今日はパーマカルチャー講習会。先月に続いて2回目の講義。
今月から実際に畑に出て草刈りや種の植え付けの作業が始まった。
c0007822_21132798.jpg

先月よりも草の背丈が伸びていて青々としてる@@!
「とにかく刈れるだけ刈ってください」と、びっち先生。
みんなてんでに散らばって黙々と。あたしも張り切って
しゃがみ込んでガシガシ腕を動かす。蛙やら瓢虫やらいろいろお出まし。
c0007822_21193629.jpg

しかし・・刈れども刈れども果てしなく広い畑(もと田んぼ)。
犬のうんちも大量に出てきたりして臭い臭い・・
場所をかえようと立ち上がればそのたび立ちくらみ(苦笑)
ヤル気満々だったあたしもここらでちょっと悲しくなってきた・・
実際に植える場所を木の枠できちんとこしらえて、
畑らしくなったら、また元気出たわ。
c0007822_21284480.jpg

午後からは枠で囲んだ畑の中をきれいに草刈りして、そこに種を蒔いた。
落花生やすいか、黒豆やトウモロコシ、きゅうりなど10種類以上。
c0007822_21322050.jpg

ばーっとばらまいた種の上に朝から刈った草をのせて少し固める。
これだけで作物が育つんだそうだ。へえ?こんなに大雑把でいいわけ?
まだ信じられないんだけど・・

でも実際に草刈りや種まきを習ったので、うちの畑でも出来そうな気がしてきた。
ただし・・今日一日で体がぼろぼろに(泣)
作業してる時間は正味3時間ほどだったけど、普段運動を全くしないあたしには
結構堪える作業だったわ〜明後日は大事な演奏会だし、筋肉痛がとても怖いなぁ。
腕が上がらなかったら三味線弾けないし(汗)

15時におやこ劇場の事務所へ。中高生の春合宿から帰る娘を迎えに。
連れて帰ってからごろりと横になりちょっと昼寝。
夜自宅生のレッスン。モンペ姿が生徒にウケた。
農家のお嫁さんみたいで自分じゃ結構似合ってると思うんだけどなあ・・
by miwa3110 | 2008-04-27 21:47 | 芸術 | Trackback | Comments(4)

鑑賞週間

1/17(木)「明石原人-ある夫婦の物語-劇団民芸公演」 R&R
市民劇場の例会。
ひたすら夢を追いかける夫とそれを必死にささえる妻。
時代と境遇に挑みつづける夫婦の愛のかたちを描いたドラマ。
内助の功っていうんかしら?夫婦が尊敬し合い、支えあうことの大切さ。
研究生活は決して順調ではなく苦境のほうがはるかに多い。それでも
あきらめずに続けていくことのすばらしさを訴える。
戦争という特殊な時代、でもあまりそれを前面に出さずに、
現代にも通じる話として描いているように感じた。
戦争の悲劇を生死とか、戦災とかいうのではなくて
文化的な面での悲劇も描いて見せてくれて。
全般的に、落ち着いたトーンの美しい言葉使い、
終始しっとりした感じの残る、よい作品だったと思う。

1/18(金)「アイ・アム・レジェンド」 エーガル8シネマズ
今から5年後の大都会の地獄絵はなんとも恐ろしかった。
「地球でただ一人の生き残り」みたいな前宣伝で期待させておきながら
実はホラーじゃったがん(泣)あたしゾンビ系は苦手なんだってば・・
それでも序盤は面白かった。レンタルビデオ店での
マネキン相手の「日常」が最高。しかし・・その後がいただけない。
まさかモンスターが出てきて。まさか生き残ってる人がいたとは。
ラストシーンも「はあ?」って感じで全然ダメだよぉ。
ウィルスミスの顔だけの演技スゴイ!愛犬のくだりはウルウル・・

1/20(日)「スガナミミュージックフェスティバル」R&R
霙交じりの雨の中ポピュラースクール合同の発表会を聴きに行く。
バンド形式やアンサンブルのステージが次々と繰り広げられて飽きない演出。
出演する生徒さんも観客も大勢!活気に溢れた大盛況の舞台だった。
by miwa3110 | 2008-01-20 08:40 | 芸術 | Trackback | Comments(0)

愛は地球を救えるの?

娘にも言ったけど、あたし24時間テレビは大嫌い。

日本テレビが障害者の雇用に継続して取り組んでるとかならまだしも、
年に一度だけの見世物に利用するあの番組って下品の極み。
障害者の人だって、べつに頑張って生きたいわけじゃない。
この手の見せ方は『差別』そのもの。
これをあたし自身も子供の頃は素直に観てたのが腹立たしいわ・・

世の中に様々な難病が存在すること、様々な理由で体にハンディキャップを負った人がいることを、
たくさんの人に知ってもらうのはもちろん大切なことだ。
が、この番組の感動物語に仕立てる手法はどうしてもいただけません!

有名人のマラソンも見るに耐えない。まあみてないけど。
そりゃ目的は分かるよ・・目の前にぶら下がってるギャラのために走る・・と。
「頑張ってる人」の象徴?「元気をもらいました」というフレーズもよくきかれるけど
走ってる本人は毎年ヨレヨレ、後半は歩いてるかマッサージ受けてるかの映像。
で、♪負けないで、もう少し・・・って感動の大合唱でしょ?アホクサ~
「地球のため」とか言うのなら、スポンサー企業からの
番組作成・会場設営費用のお金をそのまま寄付したほうが、よっぽとマシだとおもう。
視聴率(広告収入)を稼ぐノウハウを捨てられない事情があるんだろうけど
逆にイメージ落としかねないんじゃない?

イベントがなければ募金もしない人々から、「気まぐれな」寄付。
そんな「お祭りごとだから」という気分で、地球を救えるの?
一瞬のことじゃなくて、根本的な問題だと思うけどなあ。


そんな中であたしが近頃一番ハマってる一曲
「to U 」~Bank Band~c0007822_11483765.jpg

初めて聴いた時は歌いだし2小節で鳥肌が立ったわ。
独特な空気感をもった歌声が心に浸透してきて・・近年まれにみるほどのものすごい衝撃を受けた。

楽曲構成はもちろん。salyuと桜井さんの歌声、ハーモニーがホントに美しい。
優しくて、それでいて力強くて・・心に直接心に染込んでくるメッセージ性の強い歌詞。

「頑張らなくていいよ」「あわてなくていいよ」とふんわり穏やかに包み込まれる感覚は「癒し」そのもの。
7分という長尺でもあっという間に終わってしまう。
何度も歌詞に出て来る「愛」。「愛」とはなんだろう?
CDと楽譜は永久保存版にしたい。
by miwa3110 | 2006-08-31 11:48 | 芸術 | Trackback | Comments(2)
とってもすばらしい作品だった、近年まれに見る?深い感銘を受けたわ。
帰宅しても興奮してなかなか寝付けなかったくらい。最初から舞台にクギ付け。
オムニバス形式で次々と展開する場面ごとの演出とテンポのよさ。
歌い、踊り、泣き、笑いながら生き生きと演技する俳優たちのパワーにただ圧倒された。
最後のお話、ついに王様が改心するシーンは涙が滝のように流れた。

数あるアラビアンナイト物語の中からこの舞台でシャハラザード姫が語るのは
「アリババと40人の盗賊」「ある乞食の物語」「船乗りシンドバッドの冒険」
「アブハサンが屁をした話」「ものを食べない奥さんの話」「妹をねたんだ2人の姉」の6つの物語。

舞台中央には回転したり上下するシンプルな円形舞台があり
舞台下手には打楽器と木琴笛やギターなどが置いてあるブースが設けられて
ふたりのミュージシャンがあれこれ楽器を持ち替えながら効果音やBGMを演奏する。
生ファゴットの音色は妖しげでよかったな~
曲によっては録音した音源をながすこともあったけど
いきなり曲調が「ラップ」に変ったりするところとか意表ついてて面白かった。

舞台上手のベッドにはシャハリヤール王が横たわり、
姫の物語に観客と共に耳を傾ける中
アラビア風の純白の衣装の俳優達によって、
仮面、人形、布、傘、はしごなどの小道具を用いながら、
シャハラザード姫の語る不思議な話が巧みに演じられていく
という構成になっている。

次になにが起こるのかドキドキしながら
話の続きを王と一緒になって待つ緊張感を味わえる。
同時に、言葉だけから豊かなシーンを想像するイマジネーションを持つことの大切さと
そして長く語り伝えられてきた物語のもつ力などを改めて痛感した。

舞台装置がほとんどなく、小道具と語りを中心に進む物語は、
映像に慣らされてしまった想像力を久々にフル活動させてくれるよい経験だった。
印象深かったのは「アリババと40人の盗賊」。
シャフラザード姫が話を語りながら、妹ディーナザードと2人で扉の役となって
アリババの前に立ちふさがり、アリババが「ひらけゴマ」を唱えると、
2人が両側に飛びのくという動作だけでドアが開いて
財宝がざくざく現れるシーンを表現できているのが面白い。

かたくなに人との交流を拒んできた王が、姫の物語に癒されて次第に心を開き、
人間らしさを取り戻していく過程を、舞台を見ながら一緒に体感できる。
殺しの場面やエロちっくなシーンとか王妃の浮気もあったりで・・
子ども向きではないと思うけど、
あたしは純粋に自分のこどもにも見せてやりたいという気持ちになった。
「アラビアンナイト」というと、アリババ、シンドバット、アラジンなどの物語を
断片的には知ってたんだけど
子供の頃聞いた物語をこうして成人した後に改めて聞くことには、
なんともいえない不思議な感覚もある。

こうやってたまに自分の感性にぴったりはまる作品に出会うことがあるから、
芝居観るのはやめられないんよね~。
自己満足な感じのするワケワカメな現代劇や、
気分の悪くなるような下品な喜劇が多かったので、今回は感激もひとしお!
ストレートなメッセージ性のある面白い作品を見ることの楽しさを
久々に味わうことができて、もうごきげんよ~(^^)
by miwa3110 | 2006-06-14 09:33 | 芸術 | Trackback | Comments(2)