Miwa-姫ーBlog miwa3110.exblog.jp

MIRAGINO(みわじーの号)で野山をかけまわる 歌うたい「みわ姫」の お気楽な日常


by miwa3110
プロフィールを見る

<   2005年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

伯父さんは

姉妹や甥たちの見守る中、次第に息がほそくなり
やがて安らかな眠りについた。入院して14日目だった。

悲しむ間もなく、葬儀の準備に入る。
病院での死後処理のあと、葬儀会館に移送。
組内や会社への連絡と、

30年以上会ってなかった唯一血の繋がってる息子には喪主を引き受けてもらうように説得もした。
寝た子を起こすようだが避けて通れない。遺産相続のこともある。

暦の関係で明日葬儀。今日はお通夜だった。
あたしも今朝早くに夫と義母と準備に行った。
親族控え室に入ると伯父さんは枕仏さまになっていた。
白い布を取るとやせこけた頬のくぼみが痛々しかった。
顔の周りにぐるりとレースが巻いてあった。

ぽつぽつと生前のお友だちや会社の方が訪れる。
話の中で
あたしたちの知らない彼の人間性がうかがわれて
謎だらけだったおじさんの 人となり がすこし理解できたような気がした。
c0007822_1163155.jpg
控え室で

お寺さんに渡すお布施やら初七日お供えやら読経料や
たくさんの項目の熨斗を書いた。

一度も会ったことがない
親戚の中でも一度も見たことも、きいたこともない名前を 熨斗に書く。

変な気分だった。しかも十数枚もだ。こういうことはあたし達がする。
いやいや喪主を引き受けた息子は明日葬儀ぎりぎりに来るそうだ。

c0007822_1171428.jpg

棺に納める儀式、納棺は15時から行われた。
お豆腐とお酒を頂いてから、ガーゼで顔や手足を拭いてあげる。

胸の上できちんと組まれた指が堅くて冷たくて、悲しかった。
腕にいっぱい しみ があった。
拭きながら、みんな涙を流した。


白足袋や脚達。手甲、白装束の衣装をつけて旅支度を整え
お棺に納まった伯父さんは、蓋をされて祭壇に運ばれていく。
c0007822_1174928.jpg

お供えも届いて、だんだん通夜の準備が整ってくる。
このあと合成して背広を着せてもらった写真が届き、祭壇が出来上がった。

17時に組長さんはじめ組内の人たちが黒服で集まってくる。
斎場とはいえ受付けや色んな仕事をテキパキこなす人たちに田舎ならではのチームワークを感じた。

18時からお通夜が始まった。
あたし達は遺族親族席に座り、弔問の方々にお辞儀をする。
c0007822_1185071.jpg
お寺さんによる読経がはじまった。
教本が配られて皆で一緒に拝む。

浄土真宗本願寺派のお経。はじめてきいたかもしれない。
あたしの家の法事などで耳にする曹洞宗のお経と全然ちがうものだった。

声明っていうのかな、全部にきちんとした旋律がついている。
しかも、副住職の歌声はすごく通るいい声で思わず聞き惚れた。
時折ホーメイみたいな倍音がピーンと響くところがあって「ありがたい」って気持ちになるもの。
お布施の金額書いてビックリしたけどその価値はあるかもって ちらっと思ったほど。

香炉が6つあり、焼香も次々まわり、あっという間に喪主代理の甥の挨拶になった。
通夜自体は30分弱で終わり、組内の人たちが引き上げて打ち合わせが
終わったのは19時過ぎだった。丸一日遺族役でこれだけでもクタクタになった。

今晩は義母と夫とが泊まり込んでいる。
あたしは明日は行事が詰まっていて葬儀には参列できないので、
棺の中のおじさんに最後のお別れの言葉をかけて家に帰ってきた。

葬儀会館を使ったのははじめてだ。まあ確かにお金はかかるけど
とても効率がいいし、困った時はスタッフが常駐してるから心強いし
空調設備が整っているので寒いや暑いの心配がないのがいいわ、
参列してくれる人に対しても気候が一番気がかりなわけで・・

家まで送ってもらう道中で夫と自分達の将来のことを話し合った。
今から10年後、そしてさらにそれから10年後。
なかなか面白そうな設計図が見えてきたのでとりあえず、ふたり頑張って「生きる」ことにした。
by miwa3110 | 2005-01-30 22:54 | 家族 | Trackback | Comments(0)

どぶろく

毎週訪問レッスンに行っているお宅では、いつも30分レッスンのあと、
ケーキとコーヒーを頂いて一時間くらいおしゃべりして帰る。
お父さんのお酒の相手もしたことあるな~
庭でバーベキューの日にあたるとお腹一杯ご馳走になったことも。
ピアノ教師ってこういうとこオイシイよね。ここの仕事なくなるのさみしいな。

和歌を妊娠してたときから行かせてもらってるから、11年目。
はじめ姉妹でお稽古していた姉は昨年赤ちゃんが生まれてもうお母さん。
妹はこの春短大(幼児教育科)に進学が決まったので、あと数回でレッスンもオシマイになる。

c0007822_21403063.jpg
ここのお父さん、内緒だけどお酒の密造(笑)をしてるのよ。
前も家で作ったビールを、飲ませてもらったことあるわ。

そして今日は「せんせいどぶろく造ったけえ持って帰って飲み」って

焼酎の瓶に入れて持たせてくれた。
一応禁酒してるんだけどちょっと味見。

まだ発酵途中で。
蓋開けたら しゅー っていうし(@@;

これがね。飲んでみたら、すごく美味しい。
甘くてフルーティーで、シャンパンみたいにシュワシュワってくる。

というわけで冷蔵庫に入れてちょっとずつ飲むことにした。
禁酒宣言撤回しなきゃ。結局一週間も持たんかったんじゃん・・
by miwa3110 | 2005-01-29 21:49 | 音楽教室 | Trackback | Comments(0)

大人のための音楽教室

昨年11月に入会のハーモニカの生徒さん。

あっという間に「初級」のテキストを終了されて、
現在は「中級」(付点のリズムとカノン、和音奏法)を学習中。

ハーモニカのレッスンをはじめてから
あたしも楽器をかばんにいれて持ち歩くようになった。
気が向いた時に、いつでも取り出して演奏できるから。

彼女もこんなふうにいつも身近に置いて親しんでくれているんだと思う。
教室を訪れるときの穏やかな笑顔が「音楽のある暮し」をふんわりと、物語っている。
c0007822_1495165.jpg

by miwa3110 | 2005-01-26 14:27 | 音楽教室 | Trackback | Comments(0)

お誕生会

年長児2人が司会する。「1月生まれのお友だち、前に出てきてください」

ひとりずつ自分で名前と何歳になったかを言ってみんなが「おめでとう」と拍手する。
冠をかぶせてもらってプレゼントをわたしてもらう。

c0007822_13193569.jpgc0007822_13264980.jpg
その後クラスごとにお祝いの歌を歌う。

2歳児は「たきび」

5歳児は手話を交えて「たんぽぽ」

こうして並べてみると

幼児の成長って、ほんとに著しいと感じる。

園長先生のお話

1月生まれのお友だち、お誕生日おめでとう。
一つ歳が大きくなったからといって
今日いっぺんに背が高くなったり
今日いっぺんに体が重たくなったりしないよね。
毎日すこーしずつからだはおおきくなるのです。

でも、
ひとつおおきくなったんだから
嫌いな野菜も食べてみよう、とか
ひとつおにいちゃんになったんだから
お友だちに優しくしてあげよう、とか
気持ちを切り替えることはできるでしょう。

これからも元気でおおきくなってください。
そしてお家にかえったら、お父さんとお母さんに

「ぼくを、わたしを産んでくれてありがとう。
命をくれてありがとう。育ててくれてありがとう」とお礼を言ってくださいね。
c0007822_13422392.jpg
懸案だった和太鼓@かくし芸発表のほうも大成功で。
こどもたちも食い入るように舞台を見つめていた。
c0007822_1350068.jpg

by miwa3110 | 2005-01-26 13:52 | 保育園で | Trackback | Comments(0)

頭が・・痛い

昨日家で夫と飲んだら

今日はめちゃくちゃ二日酔いで、一日中頭がガンガンして困った。
昼まで起き上がれなかったくらい、三味線も全然練習できなかったし。


昨夜は「鮭とば」と「えびせん」つまみにして

いつものスーパードライと
c0007822_18292445.gif
と きわみ っての 
c0007822_1830224.gif
飲んで、  最後に
c0007822_18404476.jpg
「珊瑚礁@泡盛」の湯割り一杯。

あたし的にはこのくらいの量、飲みすぎの域に達してないとは思う。とはいってもこの度も、かなり辛かったので・・

今日から(当分の間)禁酒しようって決めた。
内臓も弱ってるし、ダイエットも兼ねて(謎)

ブログも禁酒日記に変えようかな・・なんて(笑)
by miwa3110 | 2005-01-24 18:52 | 休日 | Trackback | Comments(0)

音楽コンクール

c0007822_1225743.jpgゆきちゃんはきみどり色のドレスがよく似合ってとても可愛いかった。
ステージではちょっぴり恥ずかしかったようで・・
けど最後まではっきり歌ってくれた。


今回のオーディション
あたしの生徒4人受けた中で
2人は賞にもれ、ひとり「入選」

もうひとりは「入賞」、地区代表に選ばれて。
4月の中国地区本選に出場することになった。

うれしいけど・・これからお稽古がまた大変になるし。
コンクール(特に本選会場)の空気って独特なので
結構・・複雑な気分。
でも、せっかく大勢の中から選んでもらったわけだし。
本人も3年目にしてはじめて手にした大切な切符だ。

一緒にがんばっていかないと。
by miwa3110 | 2005-01-23 12:43 | 音楽教室 | Trackback | Comments(0)

ナシゴレン

アカペラバンドのあわっちゃんの新婚旅行のおみやげ。
c0007822_13391995.jpg

今月8日にもらってたの、ようやくつかうことができた。

具になるものを常備していないから
冷凍のシーフードミックスでも買ってからにしよう・・とずっと思ってたところ。

なにげに、かに缶を発見。
c0007822_13414737.jpg



シーフードだし・・まあいっか~

カニの身とご飯を炒めてナシゴレンの素(どろっとしてる)を半分いれて混ぜる。
炒めてる時に辛さが上がってきて目と鼻に、つーーんってきた。
c0007822_1346384.jpg

全部使ったら二皿分、ということで、残りは冷蔵庫に・・

辛さや味つけは好きだったけど
やっぱカニ缶はNGだったっぽいな。
水臭いっていうか薬臭いっていうか・・

今度こそシーフードミックス買ってこよう。
c0007822_13502649.jpg

by miwa3110 | 2005-01-21 13:52 | 休日 | Trackback(1) | Comments(0)

モン族刺繍マルチカバー

というのを買った。
パッチワークも刺繍も豪華でキレイで何より色がいいのよ。

はじめ、PCの前に座る時の床に敷こうかなと思ってたけど
実際は折りたたんだ大きさが中途半端だったし
しかもつるつるすべって床と馴染まなかったので。

端をすこし折り曲げて、みわじーののリアシートに掛けてみた。

なかなか・・いい感じっ(^^)外観とのギャップがますます大きくなったかも。
c0007822_13265486.jpg

by miwa3110 | 2005-01-21 13:26 | 芸術 | Trackback | Comments(0)

幼稚園教場

昨日のレッスン。
教場に向かう時、雪がすごく降って恐ろしかった。

教室に入って石油ストーブに火をつける。
炎が上がり始めるまで寒くて寒くて。

「さむいね~」と5歳の生徒に話しかけたら

「ゆきちゃんカイロもっとるけーさむくないよ。
せんせいにかしてあげる」と渡してくれた。
c0007822_1233063.jpg

ディズニーのカイロ・・かわいい~ちっちゃい。はじめてみたわ。

22日の「歌のコンクール」予選会に出場する。
「きみどり色のドレスつくってもらったんよ」とうれしそう。

あたしも伴奏、しっかりしないとね。
by miwa3110 | 2005-01-21 12:40 | 音楽教室 | Trackback | Comments(0)

主治医の先生は

耳の遠いおじさんの耳元に座ってゆっくりと、
はっきりと。あたしたちにもよくわかるように説明してくださった。

告知をする側もされる側も
まわりの人間にとっても、しんどい時間・・

何十年も一人ぼっちのさみしい人生を送ってきた人だ。
これから先もひとりで痛みとたたかっていかなければいけないこと
気の毒だとおもう。

その反面

あたしの気持ちは、何もかも終わって一日でも早く
義母を色んな心配や苦労から開放してあげたい思いのほうが強い。
by miwa3110 | 2005-01-21 12:23 | 家族 | Trackback | Comments(0)