Miwa-姫ーBlog miwa3110.exblog.jp

MIRAGINO(みわじーの号)で野山をかけまわる 歌うたい「みわ姫」の お気楽な日常


by miwa3110
プロフィールを見る

<   2005年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

週末の過ごし方

7月30日(土)晴れ

アカペラの合同練習はお休み。
子ども達が夕方から子ども会の「お泊り会」なので持っていかせるものを揃えて準備する。
朝ご飯(誕生会)のあと

身支度して生徒の発表会会場、井原のホールへ出かけた。
正規の福山のホールに日程の都合で参加できない生徒が2人だけ出場する。

発表曲の一曲だけ歌の伴奏をした。弾き始めてから、ふと手元を見ると
スタィンウェイのピアノの蓋がちゃんと上がっていない(@@!
鍵盤から垂直に立つような場所に普通は納まるのだが、途中で止ってる(汗)

蓋が斜めに傾いてるもんだから鍵盤が鋭角に映りこんでいて・・(大汗)
演奏の途中で気づいたからどうすることも出来なくて、でも気になって気になって
ボロボロになりながら一応最後まで弾いたけど・・ものすごく弾きにくかった。
それでも、あたしの前に連弾した先生は気づかなかった、って言われたわ(謎)
ステージの担当者に蓋を開け直してもらって、その後は大丈夫そうだった。

13時前に発表会は終了。家に帰ってお昼を食べて着替えて
神石の教室にレッスンに行く。2人は済んだが・・あと残りの生徒は来週発表会だ。

仕事終えて帰宅したら、子ども達がお泊り会に行ってていない。大人だけの静かな食卓だった。
夜もPCでゲームしたりしてのんびり過ごした。泊まる小学校はすぐ近くなので
きもだめしできゃーきゃー言って大騒ぎしてる声がよく聞こえてきてた。

7月31日(日)大雨のち曇り

夫は6時前にソフトボールに出かけていった。あたしが起きようかな~としてたら
雨が降り始めて、みるみるスゴイ雨になった。そんな中8時に子ども達がびしょ濡れで帰ってくる。
2人をお風呂に入れていたら、ソフトの試合も途中で中止になった!といって夫も帰ってきた。

雨も止んだし、11時ごろみわじーの でお出かけ。
来週のMGFCのオフ会のプランの確認で。ツーリング予定のルートを実際走ってみる。
あたしが考えていた食事場所は、地理的に難しいことが判明。
それならルート上にある中華料理の店に行って試食してみようということにして、
その店までいったら・・8/8はちょうど店休日と黒板に書いてある。
いやはや・・行ってみといてよかった。・・で、くじけてしまい、結局試食はせず。

お昼ごはんは「備後ハイツ」でランチバイキングを食べた。
初めてだったけど・・料理は悪くなかったわ。坦々麺とシュウマイが美味しかった。
デザートは10種類以上あるし。
日曜なのに混んでなくて、っていうかお客さんはほどほど居て(ガラガラだと嫌だし)ゆっくりできた。
料金は大人1000円(子どもは800円)で食事と入浴がセットになってるのよ。知らなかった。
せっかくだしタオル借りてお風呂にも入ったわ。運転して帰るとき眠たかった。

15:00から神石の生徒の発表会の予行演習。事前に神石高原の公民館を借りておいた。
アトラクションの歌の合同練習(今日は講師が伴奏)と、
客席からステージへ上がり方と、出入りの確認というオリエンテーションを中心に。
その後一人ずつ発表曲を演奏する。

同じチームの講師2人は「生徒が誰も行きませんから、先生にお任せします」
と言って、講師自身も欠席。肝心の歌を伴奏してくれる生徒も来れないんなら、
集まっても意味ないしな~と、このリハーサル、中止にしようか と考えたけど・・
やっぱりやってよかったと思う。教え子たちに人前で演奏する機会をもたせてあげられたわけだし。

あたしの生徒は、発表会に出れなくなった一人を除いて 
公民館まで片道25キロという自宅生までも全員出席だった。
もう一人の講師も、一人生徒さんを連れて来てくれた。
あたし的にはやるべきことは全部やったから悔いはないわ。本番まであと4日。
みんなの思い出に残る素敵な演奏会になりますように。
by miwa3110 | 2005-07-31 23:52 | 休日 | Trackback | Comments(0)

夫40歳の誕生日

7月29日にめでたく「初老」を迎えた。
誕生日って毎年忘れてて、何日か経って、あ、そういえばおめでとう・・
ってパターンだったんだけど。あたし、今年は朝ちゃんと気づいて
「あなたぁ・・お誕生日おめでとぉ~」って言えた。
彼のほうが驚いて「お~~忘れとった~」って。「40に見える?」ってきくから
おもわずあたし「うん。老けたよね~」って意地悪。
「ううぇ~ん・・」夫はその場に泣き崩れた・・ちょっと気の毒なことしてしまった。

夫の父親は44歳でがんで亡くなったし、明日何が起こるかどうかもしれないのに。
後で後悔しないためにも、もっと大事にしてあげないといけない、って思う。

30日の朝子ども達プロデュースの、父さんのお誕生会が開催された。
わかが進行役で仕切る。「気をつけ。これから父さんのお誕生会を始めます。礼!」
一同「よろしくおねがいします」
「第一部まずごはんを食べましょう」・・みんなでおにぎりを食べる。
「第二部つぎにお誕生日の歌を歌います」・・普通に手拍子しながらハッピーバースデーの歌。
「第三部プレゼントを渡します」・・自分達のおやつを寄せ集めて箱に入れ、
即席プレゼントを作ってたようだ。
わかからのメッセージ・・
「初老になってもまだまだ若いよ。これからも、ソフトに仕事にがんばってね。わかより」
う~んわかちゃん、いいじゃん!ナイスフォローよ~ん。
c0007822_9355053.jpg

by miwa3110 | 2005-07-31 09:45 | 家族 | Trackback | Comments(2)
こども二人をつれてフジグランに新しくできたシネコンに行った。

前日ネットでチケットを買っておいたので間違いなく席は確保できている安心感も
あって・・着いたのは上映開始ギリギリになった。
発券も予約ナンバー入力したりしないといけなかったけど
思ってたよりも操作楽チンだったし、スムーズに入館できた。

入ったら満員御礼!で、空席はひとつもなかった。
水曜はレディーズデーなので、やっぱり女の人がほとんどだったわ。やっぱ予約しといてよかった。
劇場そのもののは小ぢんまりしてるけど、座席がおおきくてゆったり座れる。
子どもがごそごそ動くと背もたれは連動して揺れるので、隣の人の迷惑っぽくて気を使ったけど。
なんていっても駐車料金がかからないのが一番ウレシイかな。もう駅前とかには行けない・・

「星になった少年」なのについ「ぞうになった少年」って間違って言ってしまう。
っていうか、ストーリー的に、ぞうになった~のほうがしっくりくるような気もするし。
実際少年が亡くなって象に生まれ変わったって考え方もあるわけでしょ。
映画館で邦画を観たの久しぶりだったけど、タイで修行してる時のシーンも
多かったからまるごと邦画って感じでもなかったわ。タイ語ってムズかしそう。

これが実話だっていうのがすごい。こんな少年が実際にいたというのもすごいよね。

柳楽くんは演技派っていうより、どっちかというと淡々としてる雰囲気の役者だった。
あたし的にはちょっと期待はずれだったかな。でも体当たりの演技はすごく一生懸命で、
一途な感じで、つい応援したくなる、そこが魅力なんだろうな。

それよりも象を中心とする動物たちの演技が素晴らしかった。
よくこんな絵が撮れたもんだわ・・って感心。チンパンジーが特に面白かった。

泣き所も満載で、わかもあたしもよく泣いた~びっきーはよくわからなかったという。。
音楽もよかった。テーマソングは坂本龍一だって。どうりで「ラストエンペラー」っぽかったわけね・・
ぴゅり~い~ぴゅり~ってシンセの音色?アジアンチックな旋律のいい曲だったわ。
といって、サントラ買うまではいかないか。
by miwa3110 | 2005-07-27 22:43 | 休日 | Trackback | Comments(2)

暑中お見舞い

申し上げますです。暑い!!

三線、とうとう裂けて中身が見えてきたわ・・(悲)


c0007822_1325976.jpg
先週地方の教室で男の子の生徒レッスンしていて、よく見たら
汗が固まって塩の結晶になって顔や首にくっついていた(驚)



隣の家のネコ、玄関の柱に繋いで飼っているのだが
当家は3日間旅行中。餌も水もなくカンカンでりの日なたに放置しているものだから
脱水症状を起こして、今にも死にそうになっていた。

首輪を外して日陰に連れて行き、いりこや牛乳をやったら
なんとか元気を取り戻したようで、ひと安心した・・今日はすっかり元気そうでよかった。
保育園の仕事から帰ってみたらびっきーは一人でプール遊び。
子どもって・・のんきでいいよな~
c0007822_13123219.jpg

by miwa3110 | 2005-07-25 13:13 | 家族 | Trackback | Comments(2)

エレキ三線

というものを買った。見た目は合皮の普通の三線だし。
アンプを通さなくても普通に音が鳴るのでいろいろ使い道がありそうだ。
音色に関しては、まあそれなりの音だったけど
そもそも期待していなかったし、とりたててがっかりするってことはなかった。

c0007822_1644845.jpg上が今日届いたエレキ三線。
蛇の皮の模様が印刷してある合成皮で、初代のものよりちょっと小ぶり。
その割にはずっしりと重さがある。ジャックの差しこみ口が金属だからかな。
棹の長さや胴の厚みなんかにすこし差があるみたい。

押さえる勘所にシールが貼ってあったけど、微妙に位置が違うんだな~これが・・とっとと外さなくちゃ。


c0007822_1653610.jpg
立奏が基本らしくショルダーストラップがついていた。これはライブで使えということよね・・ね?ね?

このふたつの三線、ティーガー(胴の周りにぐるっと巻いてある布)の柄や紐の色が違うので、表情も違って見えるし。
それぞれの用途で使い分けができるのがよさそう。アンプに繋いで弾いてみたら、ちゃあんと大きな音が出たわ。

c0007822_1833976.jpg

切れかけてる本皮のほう。やっぱだんだん傷が深くなってきてるようで。
うーーーん・・果たしてこの状態でいつまで持ってくれるか・・・
by miwa3110 | 2005-07-21 18:07 | 芸術 | Trackback | Comments(3)

運気が下がって

いたのか、不吉なことがあれこれ続いて嫌~な一週間だったわ。

月曜日、ミュージックスクールのレッスンに行って三線のケースを開いてみたらもわ~っと生臭い臭い。
まさか・・と思ってよく見てみたら・・おもての皮に3センチほど、まっすぐに割れ目が入っていた。

全く切れて中が見えてる状態ではないものの、
弾いてみてもぺこぺこと余韻のない音でいつもの感じの響きとは違う。
家においてたときは何ともなかったのに、講師の控え室に2日間置いておいたのがマズかったんだな。
温度差や湿気の管理が出来なかったから・・

改めて楽器は生きてるんだな~っと実感した。
たちまち破けてしまうまでは稽古用で使うとして、その後は張り替えに出そうと思う。

c0007822_1673757.jpg
火曜日、100円ショップで腕などのムダ毛がくるくるとれるっていうグッズを買って
左腕で試したところ、皮膚がひりひりして痛くなり、アフターにつけたクリームでは見事にかぶれてしまった。

そして水曜日、幼稚園教場にクルマで移動中
狭い道を突進してきたおじいさんの車とミラー同士が接触して
みわじーののドアミラーがバタンと倒れてしまう。おじいさんはそのまま無視して走っていってしまい
すごく気分がわるかった。よく見てないけど多分傷ついてると思う。

木曜日、春先に買ってから気に入っててずっと身につけていたシルバーのアンクレットの
鎖がぷっつり切れてしまう。まあこれはそんなに高価なものではないので同じ物をもう一度買った。
その前に落としてなくしたシルバーブレスはUZUで買った13000円のだったからすごくショックだった。

金曜日、新しい三線を買うことにした。
上級者用の本格的な材質の高価なのも,ちょっと考えたけど、
今もってるものにもう一度本皮を張りなおすことにして、今度は扱いやすい合皮のものにする。
野外ステージでも(突然雨が降ったりすることもあるし)使うことを考えて
マイクの内蔵してあるものを買った。まだ手元に届いてこないから今日の演奏には間に合わなかった・・

今日はスーパーの店頭で音楽教室のイベント、リレーコンサートが行われた。
楽器の紹介を兼ねたアトラクション演奏を頼まれたので、破れた三線で仕方なく弾いて歌った。
スタンドマイク一本なので楽器の音を拾うことにしたら、歌が全然聞こえなくて、
肝心の楽器の音もハウるし、冴えなくて、おお失敗。

帰りにホームセンターに寄り、扇風機を買って帰った。これはエスニック調でようやくちょっとヒットかも。
ベッドサイドに置いてみた。四角いのが面白いし・・なかなか雰囲気よろしい。
c0007822_1637653.jpg

by miwa3110 | 2005-07-17 16:38 | 休日 | Trackback | Comments(0)

Acappella Sound Garden

広島のアカペライベントに出演した。
パルコの裏のアリスガーデンで開催される予定だったが、天候不良のため
急遽市内の公民館に場所を移すことに。

公民館っていうから、うちの近所の公民館みたいな平土間の部屋を想像したけど実際は
体育館みたいなすごく立派な会場で(冷房がないから暑かったけど)、常設の舞台もあった。
主催者の機転により迅速に会場を手配されたおかげで
出演者みんな一通り演奏できたし、人も機材も雨に濡れることなく無事イベントが出来てよかったと思う。内輪だけのちっちゃな発表会みたいで、それはそれで楽しめた。

c0007822_225959100.jpgただ、BBSなどにアリスガーデンに来てねと書いて案内していた方には
会場変更のお知らせをする手段がなくて申し訳ないことをしてしまった。

あたし達の出番の頃のあの雨の激しい降りようでは諦めもつくけど。とはいうものの、やはりあのおしゃれなアリスガーデンで歌えなかったことはとても心残り・・。
by miwa3110 | 2005-07-10 23:01 | 休日 | Trackback | Comments(2)
お師匠さんから、「弟子の中に譜面を自分流に書き換えるモンがおるんじゃ」という話をきく。
え、直すって?・・このほかに書きようがあるの??

「それは、一体どんな風に書くんですか?」って訊ねたけど
「そりゃあなあ本人だけが分かる楽譜じゃケ、口でよう説明せん」と言われて。

それでもあたしが、見たい見たい、連発して帰ったから
今週はそのお弟子さんから自筆の譜面を借りて帰ってくださった。

す、すごいわ~津軽六段弾きと、あどはだりが合体して一枚に収まってる。
あたしが使ってる三味線文化譜面はこの内容が「一段ずつ一枚」だから計12枚。

それがこんなにコンパクトになるなんて・・またまた感動!
80才のおじいさんだそうだけどよくこんな記譜法思いついたものだわぁ。
用紙は方眼紙を使って、進行は一段ずつ色分けしてあり。
同じパッセージは記号で。これが独自の省略法みたい。

といって、その気で見てもこの楽譜ではやっぱり弾けないな。しかしお見事!

c0007822_22223965.jpg

by miwa3110 | 2005-07-04 22:47 | 芸術 | Trackback | Comments(0)